car005

 

法定点検をご存じですか?

 

2年に1回、義務づけられている車検のことではありません。

 

法定点検とは、法で定められた定期点検のことで1年ごとにおこなわれます。

 

この点検は義務です。但し、点検を受けなかった場合、罰則・罰金はありません。そのため、法定点検を受けない方が多いのも事実です。

車を安心して乗るのなら、法定点検を必ず受けるようにしてください。

 

法定点検の費用は1万円前後が一般的です。

 

もちろん、点検した時に車の状態によって費用がアップする場合もあります。

 

例えば消耗部品の交換をおこなえば、その分、費用はアップします。

決して安い点検費用ではありませんが、法定点検をしっかりおこなえば安心感を得ることができますし、車を良い状態に保つことができます。

 

その結果、車を売却する際の査定がプラスになります。もちろん、高く売れることになります。

 

法定点検は、どこで受けたほうがいいの?

新車で購入された方は、購入した販売店から法定点検のお知らせの連絡が来ます。この場合、販売店で点検を受けたほうが良いかと思います。

 

中古車の場合、ディーラーなどの販売店か街にある自動車整備工場で法定点検をおこなったほうがいいのか迷いますよね。

 

比較的、ディーラーのほうが自動車整備工場より法定点検費用が高い場合が多いようです。

 

かと言って倍以上の違いがあるわけではなく約3,000円前後、ディーラーが高いようです。あと、販売店で点検を受け交換する部品があった場合、基本的に新品部品との交換となります。

 

中古部品は使いません。もちろん純正部品なので修理代が高くなります。

 

自動車整備工場で点検をおこなった場合、故障した部品の交換は車の持ち主の意見に左右されます。新品部品を交換するのか?中古部品でカバーするのか?

 

中古部品で交換した場合は修理代は安くなります。

 

中古部品でも状態の良い部品は数多くあります。修理代が高いと思ったら中古部品との交換を伝えてみるのも良いかと思います。

 

今の車はコンピューターが搭載されています。このコンピューターが故障した場合、自動車整備工場よりディーラーなどの販売店で修理をおこなったほうが良いでしょう。

houteitenkenhyou01

出典:「車検と定期点検についてのアンケート」 調査概要

 

以上、”車の法定点検を受けると高く売れる!?”について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、抑えておきたい6つのポイント

この6つのポイントを実行するだけで、愛車の査定が15万円もアップすることも!!

  • 車を売ることを即決で決めない!!
  • 売買契約書をしっかりとチェックする。
  • ボイスレコーダーを用意する。

残りの3つは、◯◯◯で。 詳細は、こちらです。