車の走行距離と買取価格は、比例します。

簡単に言えば、走行距離が多ければ多いほど、車の査定は低くなるのです。

つまり、安く買い取られるのです。

 

でも、少しでも車を買い取って欲しいと思うのが車を売りたい方の心情だと思います。

こちらでは、車の走行距離が多い車でも、少しでも高く買い取ってくれる方法や走行距離と査定額について紹介します。

走行距離が多いと部品の消耗が激しくなるので、査定額が下がります。

車は数多くの部品から作られています。

1年間運転した車と10年間運転した車では、部品の消耗度は全然違います。

走行距離が多いってことは、それだけ部品を消耗しているので査定額が下がってしまうのは当たり前。もちろん、走行距離が多いほど売れません。

 

では、走行距離が少ない場合、高額で買い取ってくれるのでしょうか?

 

実は、走行距離が少ないからといって、必ず高額で買い取ってくれる訳じゃないのです。

 

理由は、走行距離と車の登録年との関係です。

 

その関係を紹介する前に、走行距離の目安って、ご存知でしょうか?

 

走行距離の目安は、1年間で1万キロ

車の走行距離は、一般的に 1年間=1万キロが妥当だと言われています。

これは、「一般財団法人 日本自動車査定協会」が定めた基準が1年間=1万キロで、それが普及して一般的になりました。

査定士は、これを参考にして査定額の評価のひとつにしています。

 

もし、あなたの所有する車が新車で購入して5年で走行距離が5万キロなら、妥当な距離だと言えます。

車を売りに出した場合、査定に大きく響きません。

 

ですが、これが5年で10万キロの場合は”乗りすぎている”ので、査定額がグ~ンと下がってしまいます。

 

また、車種によって違いもありますが、10万キロを境に査定額、販売額が下がります。

 

車を高く売るだけを見ると、やはり、走行距離が少ない方が高く売れます。

 

車を買う立場になると、走行距離が少ない→ 部品の劣化があまりない→ 壊れていない→ 安心できる…って感じになるのかと思います。

 

走行距離が少ない車だからといって、高く売れる訳じゃありません。

「実は、走行距離が少ないからといって、必ず高額で買い取ってくれる訳じゃないのです。」の説明をします。

車のコンディションを良い状態に保つには、車を適度に走らせておきましょう。

車を走らせていないのだからといって、車の状態が必ずしもベストな状態ではないのです。

 

理由は、経年劣化。

 

車には数多くの部品が使われていると説明しましたが、これらの部品には、時間の経過と共に悪くなってしまう部品も多く使われています。

ベルト類やホース類、プラグやタイヤなど…まだまだ数多くあります。

 

車の登録年が5年前だけど、走行距離が1万キロ以内のように極端に走行距離が少ない場合は、車庫に長期間 置きっぱなしにしている、または、全然、車を走らせていないと査定士は判断します。

 

そうなると、部品が経年劣化で悪くなっている可能性があると査定士が判断して、査定額が低くなる可能性があるのです。

よって、走行距離が少ないから車の状態が良いってわけじゃなく、車の登録年と走行距離との関係を覚えておきましょう。

 

走行距離が10万キロ以上でも車は滅多に壊れません。

日本の場合、走行距離が10万キロを突破すると買取価格が下がるので、10万キロを境に売りに出す方も多い。

これは、部品の摩耗や故障頻度が増えるからという理由なのですが、今の日本車はそう簡単には壊れません。

 

世界からも高く評価されている理由のひとつが、この”壊れない車=日本車”なのです。

 

もちろん、走行距離が10万キロに近づいたらタイミングベルトを交換をする必要があります。

 

 

各メーカーが指定している走行距離で部品の交換をする目安があります。

それをきちんと守って消耗部品を交換し、定期的にエンジンオイルの交換をおこなえば、20万キロ、30万キロと長く愛車を乗り続けることができるのです。

 

実際に海外では20万キロ、30万キロと長く乗り続けているのは普通ですよ。

 

交換する部品がなかったり、修理代が高額になる場合は仕方がないのですが、お気に入りの車なら、愛車と長~くお付き合いするもの良いかと思います。

ちなみに、女優の伊藤かずえさんの愛車は初代シーマ。
25年間乗り続けていて、走行距離は、25万kmを突破しているようです。

 

走行距離が多い車だけど、少しでも高く売るには、どうする?

走行距離が多い車は、どうしても査定額が下がってしまいます。

まあ、それは仕方ないことです。

でも、少しでも、1円でも高く買い取ってもらいたいですよね。

 

それを実現するには、やっぱり、メンテナンスをしっかりとおこなうことが大切です。

まめにオイルの交換をおこなったり、タイミングベルトなどの消耗品の交換時期が来たら、必ず交換しましょう。

消耗品のメンテナンスをしっかりとおこなうと、車の状態は常に良好なので車の査定に必ずプラスになります。

 

めんどくさがらずに、メンテナンスをしっかりとおこないましょうね^^

 

以上、「車は走行距離が多いと査定額が下がるけど、それでも高く売りたいのなら」について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、抑えておきたい6つのポイント

この6つのポイントを実行するだけで、愛車の査定が15万円もアップすることも!!

  • 車を売ることを即決で決めない!!
  • 売買契約書をしっかりとチェックする。
  • ボイスレコーダーを用意する。

残りの3つは、◯◯◯で。 詳細は、こちらです。