car014

 

中古車を購入する際は、実際に”あなた自身で車をチェックする”ことが大切です。

 

前の持ち主がきちんと車のメンテナンスをおこなっていたかなどによって、車の状態が変わってきます。

できれば試乗もしたほうが良いでしょう。

こちらでは、素人の方でも簡単に車の状態をチェックできる箇所を紹介します。

本を読むのではなく、”聞く”のが、これからのスタイル。

成功するには、まずは、耳から情報をインプットする必要があります。

それを体験できるのが、アマゾン「Audible」

詳しくは、アマゾン「Audible」の公式ページにて。

実際に車を自分の手で触って、目で見て状態を確認しましょう。

■電装系のチェック

電装系のチェックは素人の方でもわかりやすいチェック箇所です。

 

エアコンのチェック

エアコンの冷え具合をチェックします。

中古車によっては、全然、冷えない場合もあるからです。購入後にエアコンの故障がわかった場合、修理費は結構、高額になります。

チェックの方法は、まず、エンジンをかけ最低温度に設定し風力を最大にします。

この状態で、どのくらいで冷えるのか?最低温度は適正なのか?急に風力が落ちないか?変な音がしないか?などをチェックすると良いでしょう。

 

電動ミラーのチェック

最近の車は、ボタンひとつでミラーが開閉します。

この電動ミラー内にはモーターやギアがあり、年式が古くなるとモーター故障やギヤが壊れて、ミラーが動かない場合もあります。

きちんと動作するのかチェックしましょう。

 

ウィンカー・ハザードランプのチェック

きちんとウィンカーとハザードランプが動くかチェックしましょう。また、ウィンカーをつけた状態で、ハンドルをまわしてみてウィンカーが切れるかチェックしましょう。

ウィンカーが切れない場合や早めに切れる場合もあるので要注意です。

 

ワイパーのチェック

フロント側(運転席前方)とリア側(後方)のワイパーがきちんと動作するかチェックしましょう。

動きが遅くないか?、逆に早すぎないか?音がしないか?きちんと元に戻るか?などをチェックしましょう。

あと、ワイパーはゴムでできている為、劣化していきます。

劣化した場合、雨水をキレイに取ることができません。ぜひ、交換しましょう。カー用品店で安く購入できますよ。

 

パワーウィンドウのチェック

運転席にある集中ドア制御装置で各ドアのウィンドウがきちんと動作するかチェックしましょう。

その後、各ドアごとのスイッチでウィンドウがスムーズに動作するかチェックしましょう。

 

オーディオのチェック

オーディオを付いている車は、CDやラジオがきちんと動作するかチェックしましょう。またスピーカーも音がきちんと出るか確認が必要です。

 

■エンジン周りのチェック

エンジンは車の重要な場所です。素人にはわかりづらいかもしれませんが、注意深く見るとことをオススメします。

メンテナンスが行き届いていない場合は、何かしらおかしな点に気づくかと思います。

■バッテリーのチェック

バッテリー端子が腐食しているかチェックしてください。

端子が腐食すると端子の周りの細かい白い粉のようなものがびっしりとこびりついています。バッテリー液がわかるバッテリーの場合、きちんと基準の量が入っているのかも確認してください。

あと製造年月日の確認も忘れずに!!バッテリーの寿命はせいぜい、3~4年です。ガソリンスタンドやカー用品店でバッテリーのチェックもできるのでお願いしてみるのも良いでしょう。

 

■エンジンオイルのチェック

エンジンの周辺でオイルが漏れていないか、にじみが発生していないかなどをチェックしてください。

ひどい場合ですと地面にオイルがポツポツを落ちている場合もあります。

展示している状態で、さすがにここまでひどいのはないかと思いますが、万が一あれば、そこの中古車販売店で購入することは止めておいた方が無難だと思います。

できればエンジン周りをチェックする際、上からだけではなく車の下に潜り込んでチェックすることで、オイルにじみなどが見つかる場合もあります。

 

■エンジン音のチェック

実際にエンジンをかけてみましょう。

あきらかにおかしな音があれば店の方に尋ねてみると良いでしょう。あと、アイドリングの際に回転数が安定しているかも確認してください。

最期にエアコンをフルの状態で入れてエンジンが正常に動いているかもチェックしましょう。

 

一度は運転をやってみる!!運転で車の動きをチェックしましょう。

運転をせずに表面のチェックだけで、車を購入するのは止めましょう。試乗することで、問題点を見つけることができます。

 

■ブレーキのチェック

当たり前ですが、ちゃんとブレーキが効くかチェックしましょう。

ブレーキにはブレーキパッドと呼ばれる消耗品があります。一般の方は確認が難しいので、お店の方に「ブレーキパッドは消耗をしていないか?交換をやったのか?もし、交換をやっていたら、いつ、交換をしたのか?」を聞いてみましょう。

 

■タイヤのチェック

タイヤの溝が浅くなっていないか?タイヤ表面にひび割れが発生していないか?などをチェックしましょう。

タイヤの溝があっても、ひび割れがあるタイヤは古くなっているので交換が必要です。

 

■ギヤのチェック

ギヤがスムーズに動作するのかチェックしましょう。動作に違和感を感じたら、お店の方に聞いてみたほうがいいですね。

 

■試乗して周りを確認してみる。

好きな車でも試乗してみると思った以上に前方や後方が見づらい場合もあります。これは試乗しないとわかりません。

車の形だけではなく、運転がし易いか?乗り心地はどうか?なども重要なポイントです。

 

■まっすぐに車が走るかチェック

これも当たり前ですが、車がきちんとまっすぐに走るかチェックしましょう。

ハンドルに軽く手を添えた状態で走らせてください。正常ならまっすぐ走ります。事故車は、まっすぐに走ることが難しいので購入を止めたほうが無難でしょう。

 

以上、”中古車の状態を各自でチェックしましょう!!”について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、抑えておきたい6つのポイント

この6つのポイントを実行するだけで、愛車の査定が15万円もアップすることも!!

  • 車を売ることを即決で決めない!!
  • 売買契約書をしっかりとチェックする。
  • ボイスレコーダーを用意する。

残りの3つは、◯◯◯で。 詳細は、こちらです。

 

※まだ、読んでいるの?

本を読むのは、時代遅れ。

今は、読むのではなく”聞く

最新のスタイルを経験したくありませんか?

アマゾン 「Audible」なら、それが体験できます!!

詳しくは、アマゾン 「Audible」の公式ページで。