car017

 

安全に車を運転するには、タイヤがいつも正常に働かないといけません。

でも、タイヤを毎日、チェックしていますか?

自動車運転教習所では、車に乗る前は、必ずタイヤのチェックをするように教えられたと思います。

タイヤは、常に正常な状態を維持しなければいけません。

 

でも、ついつい忘れてしまいますよね。

そこで、こちらでは覚えておいて損はないタイヤの交換時期と交換目安について紹介しています。

本を読むのではなく、”聞く”のが、これからのスタイル。

成功するには、まずは、耳から情報をインプットする必要があります。

それを体験できるのが、アマゾン「Audible」

詳しくは、アマゾン「Audible」の公式ページにて。

タイヤ交換の目安と時期は?

車を安全に走行させるために日頃からタイヤの点検を怠らないようにしましょう。

 

走行距離が長くなればなるほど、タイヤは消耗します。ほとんどの車はエンジンが前に載せてあるので、前輪のほうが消耗が激しくなります。

なので、前輪と後輪を交換することでタイヤを長持ちさせることができます。

 

タイヤには、トレッドと呼ばれるタイヤ表面部と溝があります。

 

この溝があるおかげで、雨で濡れた道路でも安心して車を運転することができます。

長年、車を走らせてくると、トレッドがすり減っていき溝と高さが同じになり、溝が浅くなった状態のタイヤ、坊主タイヤで雨の日を走らせるとスリップする確率が増え事故を起こす危険性が増えます。

 

 

路面が乾いた状態で溝が浅くなったタイヤで走らせた場合、別な問題があります。

それがバーストです。

バーストとはタイヤが破裂することです。

タイヤには全て同じゴム質で作られている訳ではなく、部分によっては異なったゴム質で作られています。

 

溝が浅くなってタイヤの表面に現れたゴムは、その状態で走らせていくと走行中の熱やタイヤ内部の圧でバースト(破裂)する危険性が増えます。

タイヤのトレッドが浅くなって坊主タイヤ

↑このタイヤのトレッド(タイヤ表面)がすり減って、溝がなくなり坊主タイヤになっています。

 

タイヤは消耗品なのでいつかは交換しないといけません。

 

タイヤの摩耗が進むとタイヤ表面の溝が浅くなってきます。

タイヤには、タイヤの横に△印のウエアインジケーターのマーク(マークは、1本のタイヤに6ヶ所あります。)と、そのマークの延長線上に少し小さめな四角い山があります。この四角い山がスリップサインです。(下記の写真、矢印の先にある山のこと。)

 

このスリップサイン、タイヤを新品で購入時は目立たないのですが、タイヤが摩耗して溝がすり減っていき溝の深さが1.6mmになると溝とタイヤ表面との高さが同じになりスリップサインが現れるようになります。

 

溝の深さが1.6mmになり、スリップサインが現れるとタイヤが限界のため使用できませんし車検にも通りません。法律でも禁止されています。

そして溝が浅くなると雨の日にタイヤの水はけが悪くなるのでスリップしやすくなります。

 

このタイヤの溝を計るには、タイヤデプスゲージを使用します。amazonなどネットでも1,000円以内で購入できますよ^^

タイヤの外側にある△印の溝が減ってき始めたら交換時期

タイヤの溝が浅くなると、スリップしやすくなる。交換時期です。

 

それとタイヤにできるひび割れも要注意です。

溝は減ってはいないが、ひび割れが多いタイヤは交換する必要があります。

あまり、車を運転しない方の車のタイヤは溝よりひび割れが多い場合があります。

タイヤのひび割れがひどくなると、バーストをおこします。

 

タイヤのゴムは年数が経過していくと劣化していきゴムが硬化して、ひび割れが発生します。

バーストの原因にもなるので早めにタイヤの交換をするようにしましょう。

 

 

タイヤに刺さったクギなどは、抜いたほうがいいの?

タイヤの表面にクギやガラスなどが刺さっている場合があります。

 

このような場合、抜いたほうがいいのでしょうか??

 

答えは…すぐに抜かないほうが良い。

 

理由は、現在、使われているタイヤの内部にはインナーライナーと呼ばれるゴム質が使われています。

このゴム質が刺さったクギの周りに密着してタイヤ内部の空気を漏れない働きをしています。

 

もし、クギを抜いた場合、タイヤに穴が出来てしまいそこから空気が抜けてしまうので、タイヤにクギが刺さった状態で、空気漏れがない場合は抜かないほうが良いです。

 

その後、タイヤ交換の修理に向かったほうが良いでしょう。

ですが、空気が抜けていないからといって安心して車を走らせることはしないでください。

いつ、そこから空気が漏れ走行に影響するかわかりませんので。危険ですよ!!

タイヤの溝に挟まった小石は、ペンチで取り除きましょう。

タイヤの溝にはまった小石などはラジオペンチなどですぐに取れますよ。

 

どのタイヤを買えば、いいの?

タイヤを購入する際、どのようなタイヤを購入すればいいのか迷いますよね。

 

外国産の安いタイヤもありますが、消耗が激しく寿命が短いタイヤもあります。

少々、お高いですが国産のタイヤを選べば問題ないかと思います。

 

最近は、エコタイヤ(低燃費タイヤ)も普及しているのでそのようなタイヤを選ぶのも良いですね。

 

エコタイヤを装備した車は、燃費が良くなるので現在、主流になりつつあります。

ただし、一般のタイヤよりお高いのが難点ですね。

カー用品店の店員に聞いてみるのもいいかと思います。

 

PR スポンサー
タイヤを購入後、近所のガソリンスタンドで「交換予約ができる」今までにないサービス!!

 

 

以上、”タイヤ交換の目安は、いつ?溝がない、ひび割れ、タイヤが滑ってしまった!”について紹介しました。

 

※自動車の保険料は高い!!
参照記事:一般の保険からネット保険にかえてみたら、本当に保険料が安くなったんです。

愛車を1円でも高く売りたいのなら、抑えておきたい6つのポイント

この6つのポイントを実行するだけで、愛車の査定が15万円もアップすることも!!

  • 車を売ることを即決で決めない!!
  • 売買契約書をしっかりとチェックする。
  • ボイスレコーダーを用意する。

残りの3つは、◯◯◯で。 詳細は、こちらです。

 

※まだ、読んでいるの?

本を読むのは、時代遅れ。

今は、読むのではなく”聞く

最新のスタイルを経験したくありませんか?

アマゾン 「Audible」なら、それが体験できます!!

詳しくは、アマゾン 「Audible」の公式ページで。