9e131ecdce062e064afb51c658c66938_s

時期によって、ガソリン価格は上下します。

 

以前と比べ、ガソリンを節約する車(燃費の良い車)が重宝されていますね。特にハイブリッド車が人気ですが、「新しい車になんて買い替えられない」という人がほとんどだと思います。

 

そこで、自分の車でも燃費をよくする方法を身につけましょう。

 

ポイントはスタート・走行・停車におけるポイントをしっかりと把握しておくことです。

 

Point1:車を発進させるスタート時のポイント

最もガソリンを使うのが、このスタートする発進時です。

ブレーキを離してすぐアクセルを踏み込むのは絶対にやめましょう。

 

オートマ車なら、ブレーキを離すとゆっくりと前進するので、一呼吸おいてから、徐々にアクセルを踏み込むようにしましょう。

 

急発進は、ガソリンをムダに消費します!!

 

無駄な加速を避けることがガソリンを節約するポイントです。
これを実行すると…

 

※10回の急発進をやめたら、約170ccのガソリンの節約になります。

 

ゆりちゃんゆりちゃん

急発進は、ダメなんだね。

源ちゃん源ちゃん

そうなんだ!! ゆとりある運転が大切なんだよ。

 

Point2:走行時のポイント

走行時はできるだけ、アクセルの踏み加減の幅を少なくすることが、ここでのポイントです。

 

ふみ加減を一定にキープしましょう。

 

そのためには、車間距離を十分に保って、加速したり減速したりする回数を減らす努力をしましょう。

 

日産のセレナには、自動運転技術が搭載されてますね。
この自動運転技術は、高速道路での同じ車線での走行や前方を走行している車との車間距離を検知する機能です。

 

機械に頼りすぎるのも危ないと思いますが、ドライバーのストレス軽減につながる機能で、高速道路上での居眠り運転の事故防止になるのではと思います。

 

このポイントを実行すると…

※10回の急加速をやめたら約110ccのガソリンの節約になります。

 

Point3:減速時のポイント

長い坂道などを下るときや、減速するときは早めにアクセルから足をはなしましょう。

エンジンブレーキを使うことが重要になります。
なので、早めにエンジンブレーキを使うように心がけましょう。
このポイントを実行すると…

※エンジンブレーキを使用し、時速40キロで1分間、下り坂を走行した場合、 エンジンブレーキを使わない走行に比べて、約15ccのガソリンの節約になります。

 

次に下り坂から上り坂にかけてのガソリンを節約するポイントですが、あなたは、下り坂から上り坂にかけて、どのタイミングでアクセルを踏み込んでますか?

 

上り坂の途中、スピードが減速したときにアクセルを踏み込んでいると答えた方は、不正解です!!

 

正解は、下り坂が終わる少し前の地点からアクセルをゆっくりと踏み込むことです。

 

理由は、上り坂の途中、スピードが落ちてからアクセルを踏み込むと、エンジンに負担をかけるのでガソリンの消費が増えます。

下り坂が終わる少し前の地点からアクセルを踏み込むと、車体が加速し、その勢いで上り坂を上りきります。

 

もちろん、エンジンへの負担も抑えられるのでガソリンの消費も少なくてすみます。

 

Point4:高速道路などでは、無理な追い越しをやめましょう

走行時、ガソリンの消費を抑えるポイントは、一定速度で走らせることです。

一定速度で走らせることで、エンジンへの負担が減りガソリンの消費を抑えることができます。

つまり、信号や渋滞が多い街中は、車を発進、停車を繰り返すのでガソリンの消費が増えます。

 

高速道路で車を走らせる場合も同じです。

 

一定速度で車を走らせることで、ガソリンの消費を抑えることができます。

ですが、追い越し車線を何度も利用するとガソリンの消費が増えます。

 

理由は、追い越し車線でアクセルを踏み込むので、車のスピードが一定せずムダなガソリンの消費となるからです。

 

ガソリンを節約するポイント以外にも追い越し車線を頻繁に利用することは、重大な事故を引き起こす可能性もあるので、ゆとりをもって安全運転を心がけましょう。

 

※ちなみに追い越し車線がある道路で、追い越し車線を走り続けると「通行帯違反」となります。制限速度も守っても違反になるので、気をつけましょう。普通車の場合、反則金が6,000円で減点1となります。

平成25年中の高速道路等における交通指導取り締まりの状況によると

主法令違反別 平成25年 平成24年
最高速度違反 427,493件 423,466件
車両通行帯違反 85,299件 83,035件
車間距離不保持 11,973件 14,822件

第5節 道路交通秩序の維持|平成26年交通安全白書(全文) – 内閣府より

高速道路上で通行帯違反をした動画がありました。

 

Point5:停車時のポイント

5秒間のアイドリングはエンジンの始動と同じ量の燃費が必要となります。

 

走行していないから、そんなにガソリンは使わないだろうと思ったら大間違いです。 5秒間以上停止するなら、エンジンを切るようにしましょう。

 

しかし、後続車がいる場合や、信号の度にエンジンを切るのは少し気が引けますので、 踏切り待ちなど停止時間が長い場合に、無理せずに実行することをおすすめします。

 

このポイントを実行すると…

※10分間のアイドリングをやめたら、約140ccのガソリンの節約になります。

 

ガソリンの節約を心掛けましょう

運転の仕方によって、ガソリンを無駄にするか有効に使うかは、あなた次第なのです。

ですので、しっかりとポイントを把握して実行できるようにしましょう。

 

燃費を良くする方法と一言で言えば、簡単なことですが、 実行するとなると、目に見えて効果が発揮するわけではないので、 なかなか実行にはうつすことが出来ません。

 

しかし、小さな積み重ねが大きな変化になるのです。

あなたも頑張って、燃費をちょっとでもよくする運転方法を心がけてくださいね。

 

以上、”車のガソリンを節約するポイント(燃費を向上させる5つのポイント)”について紹介しました。

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。