7bc3f4465114782a715f0b4b74eea33a_s

 

ガソリンの価格が高騰したとき、世間は燃費の良い車や、燃費をよくするグッズが注目されています。

 

そして、よりガソリン価格が安いところで、給油をしようと皆さん考えていますよね。

しかし、運転の仕方が燃費の悪い運転の仕方だったら全く意味がありませんよね。
燃費がいい運転=エコドライブ といって、環境にもいい運転の仕方なので あなたも、ここで、エコドライブについて覚えてもらえるとありがたいです。

 

タイヤの空気圧を適正にしましょう。

image002

タイヤの空気圧が適正値から約4分の1減った状態で走るだけでも、 100キロにつき0.2リットル近くを余分に浪費してしまいます。

 

ガソリンスタンドでの給油の際に、タイヤの空気圧をチェックしてもらうことを習慣づけましょう。

 

不必要な荷物を降ろして、車体を軽くしましょう。

image003

あなたの車には、ゴルフクラブなどがずっと乗っていませんか?

 

約30キロの荷物を積んで1000キロ走ると1リットル近く余分に浪費してしまいます。

荷物は、こまめに降ろすようにしましょう。

 

急発進、急加速をしないようにしましょう。

車の急発進は、大量にガソリンを消費します。

急発進は、通常走行に比べて2~3倍のガソリンを余分に浪費します。 走行時は、車間距離をあけるように心がけ、できるだけアクセルの踏み加減を一定にすることが大切です。

 

減速時は、早めにアクセルから足をはなし、エンジンブレーキを使うことで燃費をよくすることができます。

 

自動車は、時速40キロで走行している時が、一番燃費がよいといわれています。

高速道路では、100キロ超過の走行は、空気抵抗が大きくなるので燃費が悪くなります。 時速80キロに抑えると、時速100キロ走行に比べて1割から2割、燃費がよくなります。

 

駐停車時にはエンジンを切るようにしましょう。

5秒以上、駐停車する場合、エンジンを切るほうが燃費の節約になります。

10分間アイドリングしたままにすると、0.1から0.2リットルのガソリン浪費になってしまいます。

1リッター140円として考えると、10分間のアイドリングストップで、14円の節約になります。

 

車のエアコンをこまめに調整しましょう。

エアコンのスイッチをいれたまま発進すると、発進時にかなりのガソリンを浪費するので注意しましょう。

 

エアコンの温度設定も、外気や日よけを利用し、冷えすぎないようにこまめにチェックしましょう。
エコドライブに心がけ、お財布にも環境にもやさしい運転をしてくださいね。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。