車のナンバープレートって、意外に盗まれています。

出勤前に駐車場に行ったら、車の前後にあるナンバープレートが盗まれている…なんてことも実際に起きています。

なぜ、ナンバープレートは盗まれているのでしょうか?

こちらでは、ナンバープレートが盗まれる理由と盗まれないための具体的な対策方法を紹介します。

参考にしてくださいね。

平成29年にナンバープレートが盗まれた被害件数は、12,289件

警察庁の発表によると、平成29年にナンバープレートが盗まれた被害件数は、12,289件。

ナンバープレート被害件数

警察庁の資料より

 

平成29年は、車の部品を狙った盗難のうち、ナンバープレートが盗まれた割合は44.9%と高く、平成21年から右肩上がりです。

ナンバープレートが盗まれた被害件数自体は、平成19年が最も多くて、25,569。

割合としては、32.8%です。

その頃は、ナンバープレート以外の部品、カーナビやタイヤなどの盗難が多かったようです。

 

しかし、平成21年からナンバープレートの盗難割合が増えています。

平成29年は、平成19年の半数ほどですが、それでも12,289と多いですね。

 

なぜ、ナンバープレートは、盗難されるのでしょうか?

 

盗まれたナンバープレートは、犯罪に使われている!!

盗難されたナンバープレートの多くは、犯罪に使われています。

例えば、犯人が犯人自身の車で犯罪をおかす場合、車の色、形以外でもっとも目に付きやすいナンバープレートを「なんとかしたい」と思いますよね。

ナンバープレートを曲げたり、何かしらで隠すことも考えられますが、犯行をする前に警察に止められることも考えられます。

でも、盗んだナンバープレートに取り替えれば、警察の目から逃れやすくはなります。

 

また、窃盗団が車自体を盗難して、海外に持ち出す場合、盗難届けが出ている車のナンバープレートをそのままにしておくミスは犯しません。

事前に用意した盗難プレートに取り替えて、海外に持ち出すことも頻繁にあります。
(日本車は、壊れない丈夫の車として海外では人気があります。ランクルやハイエースなどは特に盗難されやすいようです。)

 

ただし、警察もNシステムを導入し、盗難車をすばやく発見する仕組みを構築しています。

※Nシステムとは、「自動車ナンバー自動読取装置」のことで、走行中の車のナンバープレートを自動で読取り、手配中の車を速やかに発見するシステムのことです。

 

でも、以前よりナンバープレートの盗難件数が減ったとはいえ、現在でもナンバープレートは盗まれています。

”あなたの車のナンバープレートが犯罪に使われる”前に、あなた自身でナンバープレートを盗まれないように対策をしましょう。

 

盗難防止用のネジを活用してナンバープレートを守る!!

車の前のナンバープレートは、2本のネジで車に取り付けられています。

後ろのナンバープレートも同じく2本のネジで止められていて、計4本のネジで止められています。

 

ナンバープレートに使われているネジ、市販で販売されているプラスドライバーで簡単に取り外すことができます。

ナンバープレートのネジは、プラスドライバーで外せます。

 

この写真を見ていただくと一発でわかりますよね。

ドライバーさえあれば、簡単にネジを外すことができます…ので、一般のドライバーが使えない”特殊なネジ穴”を採用しているネジを使えば、盗難されるリスクを抑えることができます。

 

例えば、以下のような盗難防止用の特殊なネジがあります。

盗難防止ネジ

 

写真を見ていただくと、わかりますね。

一般のドライバーでは、このネジを取り外すことができません。

 

このネジを取り外すには、以下のツールが必要です。

盗難防止ネジ用のツール

 

この2つの盗難防止用のネジを使用すれば、ナンバープレートが盗まれることが減るかと思います。

 

ただし、盗難防止ネジを取り外すツールは、ネットでも購入できます。

よって、上記のネジに交換したからといって、窃盗団からナンバープレートを守れる保証はありませんが、盗難防止ネジに取り替えるだけで被害にあう確率を減らすことができます。

 

ナンバープレートを窃盗団から守るには、より強固なセキュリティーを持った盗難防止用のネジに交換する必要があります。

そして、その盗難防止ネジは以下の商品です。

 

警察機関が推奨した盗難防止用のネジ「JCCロック」

株式会社ユーロックテクノパーツさんが開発した、ナンバープレートを窃盗から守る盗難防止ネジ「JCCロック」

JCCロック

一般的な盗難防止ネジと違って、特殊な構造を持つネジです。

特殊だけあって、警察機関や自動車メーカーでも採用されている盗難防止用のネジです。

株式会社ユーロックテクノパーツさんのサイト内で価格は確認できませんでしたが、高額なパーツだと思います。

一般車両にこのネジを採用するのは、あなたの判断にお任せします。

 

ナンバープレートが盗まれて、仕事に影響する場合などは、この「JCCロック」を取り付けたほうが安心できると思いますよ。

 

※ナンバープレートが盗まれた場合、再発行するまでの方法をご存知ですか?

こちらのページ、「ナンバープレートを再発行するまでの手順」でわかりやすく紹介しています。

あなたが、被害者になることもあるので、一度、目を通したほうが良いと思います。

 

まとめ

ナンバープレートは、現在も盗難されています。

盗難されたナンバープレートは、犯罪に使われる場合が多く、盗難を未然に防ぐには、「盗難防止用のネジ」に取り替えることをオススメします。

 

以上、「ナンバープレートは、なぜ、盗難される?」について、紹介しました。

おわり。