7f1c9bc715f39ecafbfc95f73a447da1_s

 

ガソリン価格上昇で、燃費について考える人が増えています。
さて、あなたはちゃんと燃費について理解していますか?

自動車やバイクの燃費とは、1リットルでどれだけの距離を走ることが出来るかというものです。

この燃費は、運転環境や車体環境に左右されます。

車体が重いと燃費は悪くなりますし、エンジンの種類、空気抵抗、乗車人数、走る環境、運転方法で燃費はかわってきます。

 

あなたの車の燃費はどのくらいですか?

計ったことがありますか?

燃費の算出方法はとても簡単です。

 

まず、ガソリンスタンドで満タンに給油します。
その際に、距離計を0にリセットします。

そして、次の給油の際に、走行距離を給油量で割ったものが燃費になります。

無理な運転は、ガソリンを大量に消費します。

さて、ガソリンはどんなときに消費するのでしょうか?

簡単に言うと、アクセルを踏んでいる(アクセルを回している)時にエンジン音がしますよね。

このエンジン音が聞こえているときに、ガソリンを消費しています。

 

実例でいうと、
信号が青になって加速するとき、追い越し加速するとき、坂道を登るとき、 高速道路で時速100キロ以上だしているときに、ガソリンを大量に消費しています。

この消費を軽減するためには、急発進、急加速をやめることです。
車間距離を十分に保つことも大切です。

 

走る環境にも注意することで、燃費がアップします。

走る環境によっても燃費に左右されます。

混雑した道や、一旦停止の多い細い道などを通ると、自然にアクセルを踏む動作、ブレーキを踏む動作が増えてしまいます。

ということは、自然にガソリンを浪費してしまいます。

ちょっとでも、すいている道を選択し、一直線の道を選ぶことで燃費はよくなります。

また、車の調子でも、燃費はかわってきます。
普段のメンテナンスを怠っていると燃費は悪くなります。

 

日頃の定期点検は、ガソリン節約の要です。

また、突然のトラブルに見舞われてしまいます。

車のメンテナンスはしっかりとしましょう。
車が以下のような状態だと、ガソリンを浪費していまいますので、 必ず改善しましょう。

  • タイヤの空気圧が規定値より低い
  • エンジンオイルが汚れている
  • 点火プラグの寿命がちかい
  • オートマオイルが劣化している
  • エアフィルターが汚れている
  • マフラーに穴があいている

 

こまめなメンテナンスは車を健康な状態に保つコツです。
人間だって健康だと調子がいいですよね。

それと一緒で、メンテナンスが行き届いていないと、車も調子が悪くなり、 ガソリンもそれだけ浪費してしまいます。

あなたも、少しは燃費について興味が湧きましたか?

ちょっとでも燃費がよくなるように頑張ってくださいね。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、抑えておきたい6つのポイント

この6つのポイントを実行するだけで、愛車の査定が15万円もアップすることも!!

  • 車を売ることを即決で決めない!!
  • 売買契約書をしっかりとチェックする。
  • ボイスレコーダーを用意する。

残りの3つは、◯◯◯で。 詳細は、こちらです。