車のドアに触れると静電気がスゴイ

乾燥する冬が近づくと、どうしても気になるのが静電気。

油断した時にやってくる、あの静電気の痛み…

特に、車を乗る時や車から降りるときに、「バチッ」と指を痛めた経験は、一度はあると思います。たまに静電気の青い光を見ることもありますね。

こちらでは、車の静電気対策について紹介しています。

 

車から降りるとき、静電気から身を守る方法

車を降りてドアを閉めるとき、あの嫌な「バチッ」と経験された方も多いことでしょう。
あれは静電気が悪さをしているのです。これを防ぐ方法を紹介します。

 

車を降りる時の静電気対策は、ドアを開け、シートから腰を上げる前に、車体の金属部分に手を触れた状態で降りること。

ポイントは、両足を地面に着ける時まで金属部品に触れていること、そして両足が地面に着いた時に手を離すことです。

車の静電気防止

この対策方法で、体にたまった静電気を逃すことができます。ドアノブに触れてもあの嫌な「バチッ」はありません。

 

では、なぜ、体に静電気がたまるのでしょうか?

理由は、車を走らせると走行中の振動でシートと洋服が触れて摩擦し静電気が発生するからです。

 

発生した静電気は、体内にたまります。

たまった静電気は車を降りたとき、ドアノブを触れると静電気が一気に放電をするので、あの「バチッ」が来るのです。ドアノブに触れる前に放電させることが静電気から身を守る方法です。

 

車が走行中、振動によってシートと洋服が触れて摩擦することで静電気が発生するのですが、静電気の発生自体をやわらげる方法があります。

 

そのひとつは、車のシートを代えること。

 

シートの素材を変えると静電気の発生をやわらげることができます。

革調シートや本皮シートは、ファブリック(布地)シートより静電気を発生を抑えることができるので、経済的に余裕があれば交換するのもありだと思います。

 

ただし、革調シートや本皮シートは静電気が起きにくいだけ。また、高額なので交換するときは考慮しましょう。

 

もうひとつ、静電気の発生をおさえる方法があります。
それは対策グッズを使う方法ですが、使い方は、このページの後半で紹介しています。

 

車に乗るとき、静電気から身を守る方法

乾燥した季節、特に冬は、ちょっとした移動だけで静電気が体にたまってしまいます。

静電気がたまった状態で車のドアに触れると、あの「バチッ」が…

 

それを防止するために、以下の方法を試してみましょう。

ドアノブに触れる前に、地面に手を触れる。

2秒ほど地面に手を触れることで、体にたまった静電気を地面に逃がすことができます。

 

手を濡らした状態で、ドアノブに触れる。

湿度が高いと静電気がほとんど発生しません。
夏は湿度が高いので静電気が発生しないのです。逆に、冬は乾燥して湿度が低いので静電気が発生しやすい。

手を濡らすことは、人為的に湿度を高め、その水分によって電気が外へ逃げます。それによって静電気から身を守ることができるのです。

 

ウエットティッシュで手を湿らすことも有効です。

車内にウエットティッシュを置いておきましょう。
お車から降りる前にそのウエットティッシュで手を湿らせておけば、わざわざ金属部分に触れながら降りる必要もありません。

赤ちゃんがいる家庭では、”おしり拭き”がウエットティッシュの代わりになりますね^^

 

静電気から身を守るには、とにかく電気をためない、そして電気を逃がすことを意識しましょう。

これまで車から降りるとき、車に乗るときに静電気から身を守る方法を紹介しました。

結局、静電気から身を守る方法は、たった2つしかありません。

 

それは、体にたまった電気を逃がす(放電)ことと、できるだけ電気を体にためないことです。

 

電気を逃がす方法には、上記のような無料な方法もありますが、静電気対策グッズを使ってみるのも良いかと思います。

 

主に使われているのが、キーホルダータイプです。

使い方は、ドアノブに触れる前にキーホルダーをドアノブに触れさせるだけ。それだけで静電気から身を守れます。

静電気除去ホルダー

このキーホルダータイプの静電気対策グッズは数種類あるので、口コミなどでチェックしましょう。

→静電気除去キーホルダーの検索結果はこちら!(Amazon)

 

あと、衣服にたまった静電気を取り除く静電気除去スプレーも効果がありますよ。

車に乗るとき、衣服にかけたりシートにかけるだけで、たまった電気を逃します。そして静電気をためない働きがあります。

ただし、デメリットは、効果が一時的なことです。

→静電気除去スプレーの検索結果はこちら!(Amazon)

 

静電気除去スプレーを手作りすることもできますよ。

水にグリセリンを少し加えてスプレーをすると、静電気の発生を抑えることができます。
グリセリンは、ドラッグストアで1,000円ほどで購入できます。

 

服の素材の組み合わせで、静電気をおさえる!!

電気を体にためないようにするのは、服の素材に注意しましょう。

なぜなら、服の組み合わせにより静電気が発生しやすくなるからです。

服の素材で静電気が発生しやすい。

プラスとマイナスの組み合わせは静電気が発生しやすく、プラスとマイナスが離れている服の組み合わせほど静電気がたまりやすくなります。

例えば、ナイロン素材の服+塩化ビニル素材のジャンパーなどの組み合わせは、静電気が発生しやすい。

 

それに加えて髪の毛が長いと…静電気が凄いことになりますね笑

 

静電気が発生しにくい服の組み合わせは、同じ極性同士です。

「プラス+プラス」「マイナス+マイナス」です。あと、化学繊維は静電気が発生しやすいので、天然素材の服を着るようにしましょう。

 

また、洋服を洗濯するとき、柔軟剤を加えると静電気をおさえることができます。

理由は、柔軟剤には、繊維と繊維の摩擦を抑える働きがあり、その働きによって静電気の発生を抑えることができるからです。

 

 

以上、「車の静電気がひどい。無料な方法から対策グッズまで紹介」について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。