fae97dc1f29698f133e99a95e9449d97_s

 

車社会の現代、原油価格が高騰したとき、ガソリン価格の上昇・下降に、一喜一憂します。

この先、1979年の第2次オイルショックの時の180円台まで上がる可能性もあるかもしれません。
そこで、ガソリン節約術、運転術を見につけておいたほうが、懸命だと思われます。

今回は、ガソリン節約術、運転術についてお話したいと思います。

 

抜け道はムダ! 車の燃費浪費に繋がります。

渋滞に巻き込まれた際、あなたならどうしますか?

最近はカーナビを装備した車が多いので、抜け道を探したくなりますよね。しかし、結局はガソリンを余計に使うだけになります。

 

その理由として、抜け道のほとんどが、裏道や狭い道路なので、 整備されていない道路や、頻繁に一時停止することで、加速、減速を繰り返すからです。

そのたびに、ガソリンはどんどん浪費されてしまうのです。

 

ルートを設定して走るとガソリン節約になります。

道に迷って10分間、余分に走るとしますよね。
そしたら、約4リットルのガソリンが浪費することになります。

 

カーナビなどを利用する際には、目的地以外にも立ち寄りポイントを設定して 迷わずに走行することが節約に繋がります。

 

スマホをお持ちの方なら、カーナビを車に取り付けなくても、全然 大丈夫。スマホにGoogle MAPのアプリをインストールするだけで、カーナビの代わりに目的地まで”声”で案内してくれます。

 

また、今いる場所から目的地までの場所を設定すると、目的地まで、いくつかのルートを教えてくれます。

※以下はPCの画面ですが、スマホでも、きちんと表示しますよ^^

 

セルフスタンドとガソリンカードを利用しましょう。

普通のガソリンスタンドより、セルフスタンドの方が1リットルあたり数円は安いので、積極的に利用しましょう。

使い方が分らないというかたでも、簡単に給油できるように説明の看板も設置されていますし、 それでも使い方が分らない場合でも、スタッフが教えてくれるので、セルフスタンドに挑戦してみましょう。

 

また、石油元売り各社が発行しているガソリンカードを利用するようにしましょう。

カードを発行する際にかかる費用は0円ですし、ガソリン代金の値引きや、給油の際に使える商品券などがもらえるポイント制など、特典が多いのです。

 

ルーフキャリアは外すとガソリン節約になります。

時速40キロ程度の風の抵抗による燃費消費はほとんどないのですが、時速60キロになると、風の影響による燃費消費は格段に増えます。

ルーフキャリアをつけたまま走行すると、なおさらです。 ルーフキャリアを使わないときは、はずすようにしましょう。

 

タイヤの空気圧をチェック

ドライバーの半数の人が、空気圧不足のまま走行していると言われています。

空気圧が足りないと、走行性能が落ちてしまい、騒音や振動が発生します。
またタイヤの摩擦も悪く、燃費の悪化に繋がります。

 

後輪のタイヤは細めにすると燃費が向上します。

前輪駆動車の後輪は車体を支えているだけで、前輪に引っ張られている状態です。

なので、後輪のタイヤは幅の細いタイヤに変えることで、抵抗がすくなくなり、燃費がよくなります。

ちょっとしたことですが、小さな積み重ねが大事です。 皆さんも少しずつ習慣づけるようにしてみてはどうですか?

 

給油をするときは、半分。決してガソリンを満タンに入れない。

ガソリンを満タンに入れると、どうしても車体重量が増えます。

車が重くなるのですから、その車を動かすために、より多くのガソリンを消費してしまいます。

 

私自身、もう10年ほど、ガソリンを給油するときは、半分しか入れません。もちろん、満タン時より給油する機会が増えますが、お財布にやさしいことは、実体験でわかっているので、止めるつもりはありません。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。