b42b5fd42bd0a2470790ad983b640f37_s

 

今、ガソリン節約グッズがとても売れているみたいです。

これまでのガソリン価格高騰を経験したことで、ちょっとでも、燃費をよくしたいと思っている人が多いのです。

今、燃費の向上をあげる方法として、窒素ガスをタイヤに入れる方法があります。

窒素ガスはF1などのレースタイヤに入れられたりしています。 また、飛行機のタイヤなどのタイヤにも窒素ガスが入れられています。

窒素ガスをいれるとどういう効果が得られるのか。 それを紹介しようと思います。

 

タイヤに窒素ガスを入れると…

タイヤの圧力変化が少なくなります。

タイヤは温度変化によってタイヤ内の気圧が変化します。 タイヤ温度の上昇による内圧変化を少なくすることができ、長時間の走行時でも安定した走行が可能になります。

 

タイヤバーストの予防になります。
窒素ガスは、不活性ガスなので、万が一のバースト時も安全です。

 

タイヤ・ホイールの寿命が長くなります。
窒素ガスは空気中の酸素による腐食を防止することができますので、 タイヤやホイールの寿命が長くなります。

 

ロードノイズが減少します。
窒素ガスと空気では音の伝達速度が違います。その為、騒音が少なくなります。

 

操縦性が良くなります。
それぞれの車にあった窒素ガスをいれますので、内圧変化が少なくなります。 よってハンドリングの性能がよくなります。

 

燃費の向上
窒素ガスはゴムから抜けにくいので、空気圧が減るのが少なくなります。 よって、燃費の向上につながります。

 

この窒素ガスを入れる費用としては、相場が2000円くらいです。 是非、この機会に窒素ガスを利用してみてはどうでしょうか。

 

燃費マネージャーを利用すると、ガソリンの節約を意識できます。

そのほかにも色々な燃費向上のグッズが販売されていますが、 あまり知られていない便利グッズがあります。

それは「燃費マネージャー」と言われるものです。
これは、リアルタイムで、ディスプレイに瞬間燃費や平均燃費が表示されます。

 

また、アラーム機能もついているので、速度やエンジン回転数、燃費使用量を設定しておけば、 設定値に達したときに点滅表示とアラーム機能で知らせてくれます。

 

なので、無駄なアクセルの踏み込み防止にもなりますし、事故防止にもなります。

 

取り付けもとても簡単で、運転席付近にある故障診断コネクタに挿し込むだけになっています。

 

この故障診断コネクタは整備のときに専用のコンピュータと接続するものなので、普段は何も接続されていません。

 

自分の運転を見直したい方や、エコドライブを身につけたい方にはとてもお勧めです。 是非、取り付けてみてはどうでしょうか。

 

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。