e766605fbcd75bf47896288e5c20b9fd_s

 

ガソリンの価格高騰を受けて、今、カーショップでは燃費節約グッズが売れています。

しかし、車に詳しくない人には、どのようなグッズを買っていいか分りませんよね。

今回は、ガソリンの燃費をよくするグッズを紹介します。

 

補助バッテリーを利用することで、燃費向上につながります。

ガソリン節約グッズとして、代表的なものがこの 「補助バッテリー」です。

エアコンをつけたり、急発進した際に、一時的にバッテリー電圧のパワーダウンが起こってしまいます。バッテリー電圧のパワーダウンは、燃費効率の一時的な悪化に繋がります。

 

その際、補助バッテリーで電圧を補ってもらい、ガソリンの燃費効率を上げるのです。

バッテリーという言葉をきくと、難しいイメージに思いがちですが、 補助バッテリーの取り付けはとても簡単で、シガーソケットに差し込むだけです。

これだけで、電圧を安定させるとこが出来るのです。

 

エンジンオイル添加剤を使用することで燃費を良くします。

エンジンを滑らかに回転させることで、ガソリンの燃費を効率よくしようというグッズが このエンジンオイル添加剤です。

 

エンジンオイルに添加剤を加えることでエンジン回転をスムーズにすることができ、ガソリンの燃費を良くします。また、エンジンオイルの劣化も防いでくれるので、より長くエンジンが高回転でまわります。

 

ガソリンをより安いガソリンスタンドで給油することも大切です。 またエコドライブといわれる運転技術も燃費向上に繋がります。

 

まずは、アイドリングをやめることです。
車を駐停車する際に、エンジンをかけたままにしていませんか。

 

エコドライブにはいくつかポイントがあります。

まずは、アイドリングをやめることです。 車を駐停車する際に、エンジンをかけたままにしていませんか。

 

アイドリングは、車を発進させるときと同じくらいの燃料を使うので、とても燃費に悪いのです。また、環境にもよくありませんので、 5秒以上の駐停車をする場合は、エンジンを切るようにしましょう。

 

 

急発進や、急加速も、ガソリンを余分に使ってしまいます。 発進の際は、ゆっくりとアクセルと踏みましょう。

急加速もしないように心がけましょう。 減速もなるべく、エンジンブレーキを使用するようにしましょう。

 

そのためには、車間距離を十分に確保します。
そして、ブレーキを踏む前に、アクセルから足を離す習慣をつけるようにしましょう。

 

ちょっとしたことですが、積み重なると大きな金額にもなります。
そして、大きなエコにも繋がります。 ガソリンを節約、そして、環境にも良いので、一石二鳥ですよね。

ガソリン節約の情報、役に立ったでしょうか。ぜひ、実践してくださいね。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。