ブレーキランプが消えない

 

エンジンを切っても、ブレーキランプが消えていない…経験をしたことがありませんか?

っというか、今、この記事を見ているのなら、「今まさに、その状況」かもしれませんね。

 

実際、私も経験しました。

職場から帰宅して、車から荷物を下ろして、玄関に行く途中、気付きました。

ハリアーのブレーキランプが点灯している…

常時、点灯している…ブレーキランプが消えていない…

マジかよ~(*_*)」

今回、19万5,000キロほど走っているハリアーのブレーキランプが消えない場合の原因と応急修理、あと、修理方法について紹介します。

 

正直、ブレーキランプが点灯しているだけなら問題ないんじゃないの~と思う方もいるかもしれません。

でも、ブレーキランプが消えないままだと、最悪、バッテリーが上がってしまい車が動かなくなることもあるんですよ。

出勤時に車が動かないなんて、シャレになりません…

 

ちなみに、今回のようなトラブルは、トヨタ車・ダイハツ車に多いようですよ。

参考にしてください。

 

この故障を解決するには、以下の2つの方法があります

  • 故障の原因となったストッパーゴムを交換する。
  • ストッパーゴムがない場合は、代替品で対応する。

具体的な故障の内容、修理方法、応急修理については以下で紹介しています。

 

ブレーキランプが消えないのは、ストッパーゴムの破損が原因

ブレーキランプが点灯したままで消えない原因は、ブレーキとブレーキランプの点灯をオン/オフさせるスイッチとの間にあるストッパーゴムが破損したことです。

破損というより経年劣化で、ゴムが割れたって感じですね。

↓運転席、ブレーキ周りに散乱していたストッパーゴムの破片。

ハリアーブレーキランプが消えない

ストッパーゴムがあった場所が↓↓↓

ハリアーブレーキランプが消えない

写真中央の上あたりにある白いボタンのようなのがわかりますか?

 

わかりやすくマスキングテープを貼ってみました。

ハリアーブレーキランプが消えない

通常、マスキングテープを貼った場所に、今回、破損したストッパーゴムがあります。

そのストッパーゴムが破損したため、ストッパーゴムと接するスイッチがきれいに奥まで押されないので、ブレーキランプが常時点灯、消えない状態になっているのです。

自動車整備士の友達から、新品のストッパーゴムをもらい取り付けました。
(取り付けは簡単です。ただ、はめ込むだけですから。)

 

新しいストッパーゴムをはめ込んだ写真が、こちら↓↓

ブレーキランプが消えない

通常、ストッパーゴムは、このように取り付けられています。

 

ブレーキランプが消えない

ストッパーゴムがあることで、スイッチが奥まで押されるので、ブレーキランプが消えます。

 

ブレーキランプが消えない状態を放っておくと、バッテリーが上がります。

ブレーキランプのオン/オフに関わるゴムが壊れたまま放っておくと、ブレーキランプの球が熱を持ち、球切れする可能性があります。

また、エンジンを止めても常時、ブレーキランプに電気が流れているので、バッテリーが上がってしまい、車を動かすことができなくなります。

 

昼間の運転が多いとブレーキランプが点灯した状態でエンジンを切っても、日中は周りが明るいのでブレーキランプが点灯しているのが気づかない恐れがあります。

夜間だと、ブレーキランプが点灯しているので、気づきやすいかもしれません。

バッテリーは、一度でも上がってしまうとバッテリーの寿命が短くなると言われています。

 

トラブルは未然に防げる場合もあるので、日頃から愛車の状態に目を配るようにしましょうね。

 

ストッパーゴムがない場合は、応急修理で乗り切ろう!!

私の場合は、友人が自動車整備士だったので、新品のストッパーゴムを手に入れることができました。

でも、普通は手に入れることは厳しいかと思います。

修理に出すとしても、時間が経てばバッテリーが上がってしまうことも考えられるので、早急にブレーキランプを消灯させる必要があります。

 

そこで修理に出すまでの応急修理として、ストッパーゴムの代わりになる物を代替品として使いましょう。

代替品となる物を紹介します。

  • 厚みのあるダンボールを適正サイズにカットして使う。
  • 要らなくなったレンタルショップなどのメンバーズカード(プラスティック製)を適正サイズにカットして使う。
  • 10円硬化を使う。

まだまだ、他にもあると思いますが、2ミリほどの厚みがあれば代替品として使えると思います。

 

それらをストッパーゴムをはめ込む場所に取り付け、テープなどでしっかりと固定をすれば、ストッパーゴムの代替品として使えますよ。

 

まとめ

ブレーキランプが消えない場合、ストッパーゴムが破損している場合が多いです。

ただし、ストッパーゴムが壊れるのは経年劣化の場合が多いので、車が古くなるとこのような故障にあう可能性が高くなります。

日頃から車の状態に注意を払いましょうね。