car016

 

個人でできる愛車のメンテナンスのひとつにエンジンオイルの交換があります。

 

あなたは、最近、いつ、エンジンオイルを交換しましたか?…..答えられない方は、愛車が故障する確率が高いと言えるかもしれません。

 

エンジンオイルの交換を怠ると最悪、エンジン自体がダメになり運転途中で止まってしまう場合があります。

もしかしたら、エンジンの交換が必要になるかもしれません。

そうならないためにも、定期的にエンジンオイルの交換をオススメします。

 

エンジンオイルの交換の目安は?時期は?

一般的にエンジンオイルの交換目安は、3,000kmと言われています。

 

あまり、運転されない方でも、5,000km、もしくは半年に一回だといわれています。

トヨタのメンテナンスを参考にするとエンジンオイル交換時期の目安がわかります。

 

車種 標準交換時期 シビアコンディション時の場合
ガソリン車(ターボ車除く)  15,000km、または1年  7,500km、または6ヶ月
 ガソリンターボ車  5,000km、または6ヶ月  2,500km、または3ヶ月
 ディーゼル車  5,000km~20,000km、
または半年~1年ごと
 2,500km~10,000km、
または3ヶ月~1年ごと

※シビアコンディションとは:走行距離が多い、悪路での走行が多い、山道などの頻繁な上り下りなどの走行などを指します。

 

以前は、ガソリンスタンドのスタッフの方がエンジンオイルの量や汚れのチェックをおこなうこともありました。

しかし、セルフのスタンドが増えたため、今までのようなチェックが減ってしまいました。

そのため持ち主が気付かないまま車を運転し続けることが増えているそうです。

 

今まで、ボンネットを開けたことがない方は要注意ですね!!

 

あと、オイル交換時にオイルフィルタの交換も必要になります。

ですが、これは毎回ではありません。

トヨタが推奨しているオイルフィルタの交換時期

車種 標準交換時期 シビアコンディション時の場合
ガソリン車(ターボ車除く) 15,000km 7,500km
ガソリンターボ車 10,000km 5,000km
ディーゼル車 10,000km~20,000km 5,000km~10,000km

 

トヨタ公式サイトのオイルとオイルフィルタの交換目安を見ると、一般的な交換目安より走行距離や時期が長めですね。

 

ちなみに私は、2000kmごとにオイルの交換をおこなっています。

約4カ月に1回、オイル交換をおこなっています。

 

オイルフィルタは2回に1回の割合です。

 

理由は、走行距離が16万キロを突破しており、少しでもエンジンに負担をかけさせないためです。

あと、走行距離でオイル交換をおこなっている訳じゃなく、交換時期でオイルの交換をおこなっています。

4月、8月、12月に交換をやってます。

 

交換時期をはっきりと決めると忘れることがないので、オススメですよ。

(走行距離が多い方には、このやり方は不向きです。)

 

1年ぶりにエンジンオイルを交換しました。

以前は、四ヶ月ごとにエンジンオイルを交換していましたが、ついつい後回しにしてしまい、1年ぶりの交換となりました。

 

上記のトヨタのメンテナンスを参考にすると、ガソリン車は、1年ごと、または、15,000kmごとにエンジンオイルの交換を目安にしています。

 

今回は、1年ぶりの交換だったので、「トヨタのメンテナンス」の1年ごとには当てはまってますが、もう一つの目安 15,000kmにはアウト。

 

1年前の走行距離は、約14万km。
今回は、約18万km…一年で約40,000kmも車を走らせています。

15,000kmでエンジンオイルの交換が必要なのに、40,000km…25,000kmもオーバーしています。

 

正直、エンジンに負担をかけてます。

 

反省ですね…愛車を少しでも長持ちさせたいのなら、エンジンオイルは積極的に交換が必要ですから…

私のように車をよく走らせる方なら、四ヶ月…いや、三ヶ月ごとのオイル交換をやらないといけないですね。

 

エンジンオイルは、エンジン内にある”部品の動き”を潤滑にする働きがあります。

エンジンオイルが劣化するとエンジン内にある部品の動きが悪くなり摩擦熱が発生し、その熱によってエンジン内の部品が固着しエンジンが壊れてしまうのです。

 

車の心臓部とも言えるエンジンの寿命を延ばしたいのなら、ケチらずにエンジンオイルを交換しましょう。

 

また、車を走らせることによってエンジン内でオイルが循環をするので、オイルはエンジン内にある部品についた汚れなどをクリーニングをしたり、部品をオイルの油膜で覆ってサビ防止の働きもあります。

 

古いオイルだとクリーニングや油膜の効果も減るので、定期的なオイルの交換は、絶対におこなってください。

エンジンが壊れたら…ウン十万の修理費用が。

 

さて、今回、1年ぶりにエンジンオイルを交換しました。

まず、古いエンジンオイルをエンジン内から抜き取る必要があります。

このオイルを抜き取る方法は2つの方法があります。

 

下抜きと上抜き。

私の愛車は、下抜きの方法で古いエンジンオイルを抜き取りました(車種によって違います。)

抜き取る方法は、車の下に入って作業をするので、車をガレージジャッキで持ち上げます。

エンジン下にあるオイルパンからドレーンプラグを外して古いエンジンオイルを抜きます。

 

下記の写真がエンジンオイルを抜いているところです。

下抜きでエンジンオイルを抜いている。

写真を見ただけでもわかると思いますが、オイルが”ドス黒い”ですよね。

これが、抜き取った古いエンジンオイルです。↓↓↓

古いエンジンオイル

 

真っ黒ですね。

でも、新しいエンジンオイルは、黄金のような色なんですよ。

新しいエンジンオイル

 

写真ではわかりづらいですが、黄金のような色でキレイなんですよ。
(黄金糖という飴をご存じですか?新しいエンジンオイルは、まさにあの”黄金糖”と同じ色なんです。)

 

黄金色のエンジンオイルが、わずか一年で、あのようなドス黒いオイルに変わるのですから、積極的にエンジンオイルは交換しましょう。

ちなみに、新しいエンジンオイルを交換した直後でも、古いオイルと混ざったり空気に触れて黒くなりはじめます。

そのため、色だけでエンジンオイルの状態を判断するのは難しいですよ。

 

ちょっと、ここで笑い話を。
ある男性が”カー専門店”で、エンジンオイルを交換した後、ガソリンスタンドで給油をしました。

ガソリンスタンドの店員さんが、無料でエンジンのチェックをさせてくださいとお願いされたので、「無料なら、まあ、いいかな」とお願いしました。

 

しばらくすると….

 

店員店員

お客さん、エンジンオイルが真っ黒ですよ。

男性男性

店員店員

すぐに交換をしないと、エンジンがダメになってしまいますよ。

男性男性

….

店員店員

今なら、当店で安くエンジンオイルの交換ができますよ!!

男性男性

あの~…

店員店員

はい、オイルを交換しますか?

男性男性

ここに来る前に、カー専門店でエンジンオイルを交換したんだよね。

店員店員

えっ…(硬直)

男性男性

すると、何かい。カー専門店が不良品のオイルを交換したってことかい?

店員店員

…汗

男性男性

今から、カー専門店に戻るから、店員さん、あなたが証言してよ!!

店員店員

すみませんでした….

 

実際、GSの店員さんの中には、アルバイトの方もいてエンジンオイルの知識に乏しい方もいます。

エンジンオイルの色だけで”古いオイル”と判断したかもしれません。

または、GSの店長さんから「オイルの交換を勧めなさい」と指示されていたかもしれません。

 

車を所有している方は、エンジンオイルをいつ交換したのか、交換した走行距離を覚えておいて、常日頃から走行距離を確認しておくと、上記のような罠にひっかかる可能性を抑えることができますよ。

 

以上、”愛車のオイル交換時期と交換目安のタイミングは?”について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。