stella

スバルステラは、スバルブランドを展開する富士重工業が販売する軽自動車のミニバン(軽トールワゴン)です。

当初は、初代ステラは初代プレオの後継車に近い存在として発売され、しばらくプレオと併売されていました。

 

プレオの陳腐化と、R2がメーカーの公算ほどヒットしなかった事情から急遽開発が指示され、設計開始から発売開始まで1年足らずいう異例のスピードで開発された車種です。

開発コンセプトは「楽しい関係空間」で、広く便利な室内空間を実現しています。

 

また、特に女性をターゲットとして開発されており、ユーザー1000名以上にアンケートをとり、乗り心地の向上に加えてベビーカーの乗せやすさ、後席への乗りやすさ、チャイルドシートへの乗せやすさ、後席赤ちゃんへのアクセスなどに重点をおいて開発されているのも大きな特徴です。

 

走行性能にもスバル独自のこだわりがあり、スバルの軽自動車に全車搭載されていた直列4気筒エンジン、4輪独立サスペンションが採用されています。

 

衝突安全性と実燃費の向上も図られ、NASVA発表の衝突安全性総合評価では運転席5星、助手席6星の評価を受けています。

2WD車で21.0km/L(JC08モード)を実現し、平成27年度燃費基準をガソリン車として初めて達成しました。

 

また、走りや乗り心地優先のサスペンション構造を持ち、快適な乗り心地を実現しています。

スバルならではの高い走行性能を備えながらも、さまざまな層の幅広いユーザーが使いやすく、多くのユーザーに愛用されています。

 

初代 2006年-2011年 RN系

発売当初は、L・LXの標準モデルとR・RSのカスタムモデルのみ。2011年にリベスタモデルを加わった。
発売時、月間目標だった5,000台をわずか1週間で達成。

 

二代目 2011年-2014年 LA100/110系

二代目よりダイハツのムーヴをベースに生産。ノーマルタイプの「ステラ」とスポーティータイプの「ステラカスタム」が登場しました。

 

三代目 2014年- LA150/160系

二代目と同じくムーヴをベースに生産されました。