car18

 

車は多くの部品から作られています。

 

これらの部品は、走行距離や年数が経過すると消耗してきます。

愛車を少しでも長く持ち続けたいと思ったら、必ず、消耗部品を交換してください。

 

私はエンジンオイルの交換は四ヵ月に一度、おこなっています。(一般的に、私の交換頻度は多めだと思います。)

 

走行距離を目安にオイル交換をされる方もいますが、私は距離ではなく4月、8月、12月と時期で交換しています。

理由は、時期で交換することでオイル交換を忘れずに済むからです。

 

毎年、同じ時期に交換するクセをつけると忘れることがありません。

 

 

一般的にエンジンオイルの交換は距離の場合、5,000~15,000kmで交換します。

私の場合、距離にすると2,000km以内で交換しています。

オイル交換費用は、毎回7,000円ほどです。四ヵ月に1回で7,000円の出費はそれほど痛くはありません。

 

たったこれだけを負担することで、エンジンの寿命を延ばすことができるのですから、早めの交換は、お得だと思っています。

 

エンジンオイルの交換を忘れ、それが原因でエンジン故障した場合、大きな修理費用がかかってしまう場合もあります。

エンジンオイルの早めの交換のように消耗部品は早めの交換したほうが事故や故障を未然に防ぐことに繋がります。

 

消耗部品の交換目安

エンジンオイル

5,000~15,000kmや走行距離に関係なく半年で交換。交換時期を決めたほうが忘れない(但し、走行距離が多い方には不向き)

※オイル交換時期の詳細は、こちらを参考にしてください。

オイルフィルター エンジンオイルの交換、2回に1回の割合で交換。
バッテリー 3年~4年で交換。端子が腐食している場合、すぐに交換が必要。
タイミングベルト 10万kmを目安に交換。
ATフルード(ATF) 5万kmを目安に交換。
ラジエーター液 2年ごとに交換。
タイヤ タイヤの溝の減りやひび割れ具合で交換。溝の深さが1.6mm以下になるとスリップしやすくなる。
スパークプラグ 2~3万km以内で交換。
ブレーキパッド

車を停める時に必要な消耗部品。ブレーキをかけるたびにすり減るので決まった交換時期がない。

車検などの定期点検時に交換が必要か確認を取る必要がある。

ワイヤーブレードゴム

雨の時に窓についた雨水を拭き取るゴム。

ゴムで作られているので経年劣化でゴムが硬くなり雨水の拭き取りが悪くなる。

その時に交換をする。

上記以外にも消耗部品は多くあります。

車を購入時にもらった「取扱説明書」に詳しく記載されています。

必ず1度は目を通したほうが良いかと思います。

 

以上、”車の部品を交換する目安は、どのタイミングですか?”について紹介しました。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。