car002

 

あなたの愛車を売る時、車体にある”キズ”、”へこみ”、”サビ”は直してから査定に出したほうが査定額が高くなるのでしょうか?

 

結論から言えば、査定額が下がる可能性があります。

 

車体にあるキズは1cm未満の場合、査定額に影響しません。

 

一般の方からみればキズがあるのだから、キズを治したほうが査定額が高くなりそうですが、キズの補修がマズイ場合、逆に査定額が下がってしまうのです。

 

素人がキズを補修してもプロの目から見れば、どこを補修したのかすぐにわかります。

 

無理に直すより、そのままの状態で査定に出したほうが無難です。

 

これは、へこみやサビにも当てはまります。

 

では、1cm以上の場合はどうでしょうか?

 

やはり、キレイに補修しても、やはりプロの目から見れば補修した箇所はわかります。もちろん、1cm以上のキズなので査定額は下がりますし、汚い補修の場合、より査定に影響します。

 

結論を言えば、キズやへこみ、サビがあった場合、そのままの状態で査定に出したほうが良い結果になる場合が多いのです。

 

お金をかけてまで補修する必要はないかと言えます。ですが、愛車を売らず長く乗り続けるのなら、補修したほうが良いかと思いますよ。

 

あと、プロの方に補修をお願いした場合、オトクなのでしょうか?

 

これはよく考える必要があります。

 

補修にかけるお金と補修後の査定額がいくらになるか予想して、補修したほうがいいのか、補修せずにそのまま査定に出したほうがいいのか、天秤にかける必要があります。こればかりは各自で予想するしかありません。

 

車の”へこみ”を簡単に直す方法

車をぶつけた場合、板金屋さんに修理を出すのが一般的ですが、素人でも簡単に”へこみ”を治す方法がありました。

 

本当に簡単にへこみが元に戻ります。まず、ドライヤーと冷却スプレーを用意します。

 

へこんだ箇所にドライヤーを使用して高温で温めます。次にその温めた箇所に冷却スプレーで冷やすと…「ボンッ」とへこみが元に戻ります。

 

実際にその方法でへこみを治した動画があります。

あと、別な方法もあります。

上記のようにへこんだ場所にドライヤーを当てながら、そのへこんだ箇所を後ろから押すことで、へこみを元に戻す方法があります。詳しい動画があります。

知り合いの整備士は、お湯を使って、へこみを治していると言ってました。

彼が言うには、へこみを温めて直す方法は、へこみが丸みを帯びている状態の方がキレイに回復すると言ってましたよ。

 

角ばった状態のへこみの場合は、あまりキレイに回復しないそうです。

これらへこみを治す方法は自己責任でおこなってください。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。