kurumametar001

 

車の走行距離は、一般的に
1年間=1万キロが妥当だと言われています。

 

もし、あなたの所有する車が新車で購入して5年で走行距離が5万キロなら、妥当な距離だと言えます。車を売りに出した場合、査定に大きく響きません。

 

ですが、これが5年で10万キロの場合は、査定額がグ~ンと下がってしまいます。

 

車種によって違いもありますが、10万キロを境に査定額、販売額が下がります。

 

車を高く売るだけを見ると、やはり、走行距離が少ない方が高く売れます。

最近はあまり耳にしなくなったのですが、以前は、販売業者が走行距離のメーターを改ざんすることがあったようです。

 

もちろん、これは違法です。

 

車を買う側からすると素人にはメーターの改ざんを見破るのは難しいと思います。

 

実際、走行距離が10万キロ以上でも車は滅多に壊れません。

日本の場合、走行距離が10万キロを突破すると買取価格が下がるので、10万キロを境に売りに出す方も多いのです。これは、部品の摩耗や故障頻度が増えるからという理由なのですが、今の日本車はそう簡単には壊れません。

 

世界からも高く評価されています。

 

もちろん、走行距離が10万キロに近づいたらタイミングベルトを交換をする必要があります。

 

各メーカーが指定している走行距離で部品の交換をする目安がありますが、それをきちんと守って消耗部品を交換し定期的にエンジンオイルの交換をおこなえば、20万キロ、30万キロと長く愛車を乗り続けることができるのです。

 

実際に海外では20万キロ、30万キロは普通の走行距離なのです。

 

交換する部品がなく泣く泣く手放すのなら仕方がないのですが、お気に入りなら、愛車と長~くお付き合いするもの良いかと思います。

 

愛車を1円でも高く売りたいのなら、無料の一括買取査定がオススメです。

フィットを車買取専門店に査定の依頼しました。

一番高い査定を出した会社は、15万円!!にもなりました。

 

 

利用人数400万人以上の実績があるカービューは、最大8社から一括査定が受けられます。

査定会社の中でも、一番、高い高額査定になりました。

申し込みは、45秒ほどで終了します。

 

【かんたん】車の一括査定は、こちら

 

一括査定ができる中古車買取会社

※2015年4月20日現在。
上記以外、地方の200社以上の査定会社も登録されています。